陽炎とアスファルト

By ヨウハ

陽炎とアスファルト

【初音ミク】陽炎とアスファルト【オリジナル曲】

夏の終わりをイメージした切ないロックです。

自分で書いてて思いますが切ない曲ばっかり作ってますね。。。

季節の変わり目のエモさをシンプルなバンドサウンドで表現しました。

ここ最近はシンセを使った楽曲が多かったので今回は生っぽさを出したアレンジにしたいと思い、ギター、ベース、ドラムの最低限の編成です。

エモい音といえばBOSSのBlues Driverという謎の考えを持っているのでギターはマルチエフェクターのBD-2モデリングで音作りしました。

リードもバッキングも基本の音作りは同じでPUの切り替えで違いを出しています。

Bメロのアレンジがお気に入りで、特にリードギターのブリッジミュートでポコポコしたフレーズが気に入ってます。

次は歌詞についてです。

陽炎という言葉が浮かんだので使いたいと思いましたが、どちらかというと夏真っ盛りな単語なので「もう夏も終わるのに」という言葉を繋げました。

またアスファルト舗装を眺めているときに「アスファルトに滲んだら」という歌詞を思いついたのでこれも採用しました。

~いつも一緒にいた君との時間が、この夏も同じように過ぎていくと思っていた。~

みたいな感じの歌詞にまとめました。

ほんとに後ろ向きな歌詞しか書けないので必然的に曲も暗かったりマイナー調子なものばかりになります。。。。

明るい曲ってどうやって作るんですか。。。。。

ということで、「陽炎とアスファルト」少し冷たくなった風に吹かれながら聴いてください!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
サウンドハウス


ヨウハ

DTMが趣味のサラリーマンです。 ボカロ曲を投稿したり楽曲提供したりしてます。 爬虫類飼育やレザークラフトなどもやっています。 作曲依頼やコラボなど、気軽にお問い合わせください!!